2017/02/27

旬菜鮮魚 味和久(みわく)

会社の飲み会で利用しまして。
都ビルは良いお店が多いのよね。
お店の前には日本酒のラベルがびっしり!
期待が高まりますね!
お店は小さくて、小上がりにテーブル4つくらい、カウンターで4,5席くらいかな。
平日でも混んでおりますね。

お通しは菜の花の酢味噌がけ。
もう春なのか。寒いけども。
春の味がするよ。


きびなごと、ホッケのバター焼き。
きびなごはふっくらしていて苦味も少なくてうまうま!
大変新鮮な味がした!
ホッケは程よい歯ごたえ。
さりげに入っているシイタケがなんか美味かった。


こちらは皆さん大好きなクリームチーズといぶりがっこ。
日本酒のアテとして定着しましたねー。
赤い粒は名前忘れた。
よく中華でみかけるやつなんですけども。


タチの炙り!
下に昆布が敷いてあって、さりげなく昆布の風味が移っていました。
タチポンがなかったのでしぶしぶ頼んだのですが、これはこれ、炙ってあるからかクリーミーさが際立って美味しかった!(ザ・手のひら返し)


ポテサラ。
生ハムが乗っております。
玉ねぎのひげも目立たず、クリーミーなポテサラでした。


刺身の盛り合わせ。略して刺し盛。
シメサバうまうま。
普通に新鮮でうまうまな刺し盛でした。


出し巻き卵。
甘くなく、しょっぱくなく、結構中庸な出汁巻でしたね。
万人が好む味だと思います。
サイズがハーフとフルで頼み分けできるのが嬉しい。
一人客への配慮かしら。
ちなみにこれはフルサイズです。


こちらはエゾシカのたたき。
お肉がもっちり柔らかく、臭みなし。
これは美味しいなぁ。


牡蠣フライと枝豆。
牡蠣フライはどうやらひとつから頼むことができるようです。
衣は荒目でざっくりしております。
タルタルは主張は激しくない控えめ味。
その分牡蠣が美味しいのだ。
枝豆は昆布味がほんのりしました。

さて飲んだお酒ですが、最初の1杯目だけビールで、以降は日本酒。
日本酒は、グラスとぐい飲みとサイズが2つあります。
今回は全てグラス(小さい方)で頼みました。
お願いすると燗付けもしてくれるみたいですね。

んでこちらは花垣。1年寝かせたようです。
琥珀色。
でも思ったよりもすっきりしていて飲みやすかった。

久しぶりに飲んだ。
常きげん。
おいしい。
一番好きだった時の味ではない感じがしますが、でもおいしいわー。


二世古。
このところ、わりとポピュラーになりましたね。
すっきりうまうま。


三連星。
ガンダムは初代の世代ですから、ついつい。黒くないけど。
味はジェットストリームアタックな複雑さではなく、割とすっきりめ。
うまうま。

日本酒は、チャートのように書かれた表があって、それを見ながら決めることができるのですが、残念なのは名称のみで、純米酒とかそういうのが一切記載がないことかな。
花垣が古酒ってのは見てびっくりしたので事前情報欲しかったなぁ。

とまぁ、日本酒ばかり飲んでいましたが、サワー系やらなにやら、色々揃っておりまして。
お向かいの先輩が頼んでいた黒豆茶は美味しそうでしたね。しかも黒豆は塩ふって食べることができるという。
写真には撮らなかったのですが、ほっけが巨大でした。

本州の方を連れていくには良いお店ですし、カウンターでこぢんまりってのもアリですね。
メニューはおつまみ系や一品ものがメインですが、少ないけども米も麺もあって一通りそろっております。
お値段高めだけども、普通の居酒屋さんよりヒトツ多く仕事してある感じのお料理が出てくるのはポイント高いです。
ただ、小さいお店の悲しさで、料理が出てくるスピードはやはり遅い。
それはまぁ仕方ないと思うのよね。

次はひとりでチャレンジしてみたい、良いお店でした。
毛ガニチャーハンが気になっていたのだが、スルーしてしまったので、リベンジしたい!

旬菜鮮魚 味和久(みわく)
http://ameblo.jp/miwaku389/
https://www.facebook.com/XunCaiXianYuWeiHeJiu/
札幌市中央区南3条西3丁目 都ビル 4階
18:00~2:00
日曜休